そろばんクラブ

そろばんクラブ

そろばんは幼少期のお子様の発達に必要な要素が豊富

様々な調査結果を通して「そろばん」と「学力」の関係が注目されています。計算教育特区としてそろばんを導入した小学校では、1年後の学力テストで点数が1割以上上がり、計算だけではなく学力全般に好影響がでたということ。
ある出版社が行った全国区のそろばん学習者への大規模アンケートでは、算数の点数は9割以上の人が80点を取っていて、算数以外の教科でも軒並み高得点であるという調査結果がでました。目で見て指を使って動かす、検証と動作を繰り返すそろばん学習は「天才の学習法」と呼ばれ、脳の発達に欠かせない大切な要素を多く含んでいます。
脳を鍛える=記憶力、処理能力、集中力、創造力など基礎的能力を高めることは、時代のスピードが加速しグローバル化している変化の大きい時代の子ども達には必須であることは間違いありません。

右脳と左脳の相互作用を 活性化させる!

学校の主要教科の勉強(読み、書き、計算など)は主に左脳を使います。そこで、普段使っていない右脳を意識して使うことが大切だと最近よく言われるようになってきました。しかし、右脳を使えといわれてもどのように使えばよいかは明確ではありません。
普通、数の計算をするときは思考や論理を司る左脳を使いますが、そろばんを習ったことのある人は、頭の中でそろばんの珠をはじくさまを思い浮かべながら計算することができます。 これが、イメージを司る右脳も使っている状態です。左脳だけでなく、右脳も一緒に働かせることによって、瞬間的な速さで計算することができるのです。
このようなそろばん学習は頭の中でそろばんの珠をイメージしながら暗算しイメージトレーニングの訓練にもなります。右脳と左脳の相互作用を活性化させるには大変有効な方法です。そろばんを習うことで右脳も活性化されるため将来の勉強・受験に非常に効果的です。

お子様の伸びることだけを考えたそろばん

検定試験がスモールステップ・少人数指導・カラー教材・モチベーションをあげるための仕掛けなど様々なお子様が伸びることを意識したそろばん教室です。教室の本位の昔ながらのそろばん教室ではないので楽しく通っていただけます。厳しいそろばん教室より楽しくためになるそろばん教室を目指しています。

20級からスタートの新しいそろばん教室

多くのそろばん教室は10級から検定試験がスタートしますが、ロジキッズのそろばんクラブは20級からスタートするスモールステップ方式を採用しています。そうすることで、お子様のモチベーションを高められ楽しく通うことができます。なかなか級が上がらないそろばん教室は続けるのが大変ですが、ロジキッズならそのような心配がありません!

自立式の個別指導を採用!個別だからぐんぐん伸びる

ロジキッズそろばんクラブは少人数指導の自立式の個別指導です。生徒一人一人としっかりコミュニケーションをとるので性格などを理解した上で授業を行うことができます。個別指導なので分からないところがあってもすぐ質問でき、「置いてきぼり」をつくらない指導を行います。

モチベーションアップの仕掛けがいっぱい

合格バッチやがんばりバッチなどお子様が楽しくそろばんを学べるような仕掛け(プレゼント)がたくさんあります。また、初回検定の合格時には賞状の額をプレゼントいたしますので、級が上がっていくにつれて額に新しい賞状を入れることがモチベーションになります。お子様の成長を色々な形でサポートするのがロジキッズそろばんクラブの特長です。

PAGE TOP