INFORMATION

3月無料体験会のお知らせ

体験授業日時

★橋本本校

【算数・育脳クラブ】 毎週月・火・木  16:00~16:50 17:00~17:50 18:00~18:50

【そろばんクラブ】  毎週火・木・金  16:00~16:50 17:00~17:50 18:00~18:50

【ロボット・プログラミングクラブ】

ベーシックコース 3月10日(土)・3月24日(土) 9:30~12:30

スターターコース 3月1日(木)・3月8日(木)・3月15日(木) 16:00~17:30

★田名校

【算数・育脳クラブ】 3月2日(金)・3月9日(金)・3月14日(水)・3月16日(金)3月23日(金)・3月28日(水)・3月30日(金)

16:00~16:50 ②17:00~17:50

【ロボット・プログラミング】

ベーシックコース 3月3日(土)・3月17日(土)14:00~17:00

 

体験会・無料体験の申し込み、見学や質問などのお問合せは

お電話:042-773-7633

もしくはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

開講2か月後の校舎報をご紹介します。(昨年5月の校舎報)

塾生の皆さん、保護者の皆さま、お世話になります。2017年3月に子ども向け複合施設「ロジキッズ」を開講してから、早くも2ヶ月がたちました。開講前は小学生高学年が中心になるかな?と思いきや、ふたを開けたら年長さんを中心にした小学2年生の以下の子どもたちが大半を占めることになりました。低学年の子どもたちってかわいいですね。特に年中・年長さんたちはおもしろい。年長さんたちをおあずかりするのは初めてですが、毎回新鮮な気持ちで取り組めています。

さて、今回「ロジキッズ通信」という「塾内情報誌」発行することになりました。情報誌といっても大げさなものでなく、「ロジキッズについてのこと」「塾生たちのがんばり」「教育関連ニュース」「連絡事項」などを不定期にお知らせしていくものです。また、学習塾通信である「横ゼミ通信」も同封いたしますので、併せてご確認下さい。

新学期開始が開始しました。

ロジキッズの3クラブは、道筋は違っていて目標はみな同じ!・・・そうです・・・理数系の科目に強くなることです。どのクラブで勉強しても自然に論理的な思考力が身につくところが一番よい点だと思います。そのためには、授業中は集中させることを第一の目標に置いています。幼少時はみな素直で大人のいうことをきちんと聞けるところがいいですね。勉強の習慣が必ずつくと思います。それこそ一生の財産となるでしょう。

そろばんクラブ・・・目に見えて早く上達するのが、なんといっても「そろばん」です。

生徒たちは開講1ヶ月で早、20級から19級に進級しています。算数の勉強はまず数に慣れること、そして足し算、引き算の意味を知ることです。そろばんをはじくことで、これらの基礎が自然に身につきます。小学校の低学年の生徒には「くり上がり」や「くり下がり」が難しく、理解できても間違える場合が多くあります。計算をめんどうに思う原因にもなっているようです。塾で低学年の生徒にくり上がりやくり下がりを教える場合、10進法で理解できないときに5進法を使って教える場合があります。そろばんは珠をはじくだけでこの5進法を身につけることができ、くり上がりとくり下がりを理解することができます。5進法が理解出ると10進法も理解できます。計算力をつけるなら「そろばん」が一番!実際、算数(数学)を得意科目にしている中学生の中には幼少時にそろばんをやっていた生徒が数多くいます。3級取得をめざしましょう。

*算数(数学)を理解し、得意な科目にするには3級まで取得する必要があるそうです。

算数・育脳クラブ・・・「文章題プリント」の理解が算数・育脳クラブの指導目標です。

一定時間集中して勉強することはとても意味があります。子どもたちの成長を見るとそれがわかります。今日より明日、明日より明後日、というように上達しています。実は使用している教材は決して簡単なものではありません。小学生にとって難しいものが、ランダムにくり返しでてきます。手にとるように分かるには時間がかかりますが、この時期に始めれば「かずの概念」を理解することができます。

幼児期に身につけておきたい「かずの概念」(多い、少ない、大きい、小さい、くらべる、ちがい、あわせて、ぜんぶ・・・・・)は、どのようにしたら身につくでしょう。「ことば」と「かず」の意味を理解するのは意外と難しいのです。早い時期に順序数をかぞえたり、計算ができるようになったとしても、文章題が弱かったりするのは、「ことば」と「かず」の関係を理解できていないからです。この「ことば」と「かず」の関係を身につけるのが算数・育脳クラブの指導です。授業の後半にある文章題は演習時間が5、6分と短いですが、このプリントの内容理解が、子どもたちの目標であり、私たちの指導目標となります。前半の授業はこの文章題プリントを理解するための指導になります。

「ことば」と「かず」の関係ですが分類してしまえば、たくさんあるわけではありません。「理解できていないことを見つけるのに文章題プリントはとても役立つわけです。

授業の最後に行っているパズルは、みんなとてもよくできています。仕上げるのに時間もかかりません。平面図形の感覚が身についているからだと思います。徐々に難しくなりますが、今後も課題クリアに向け取り組んでください。

ロボット・プログラミングクラブ

 ロボット製作→プログラミング→ロボットにプログラムをダウンロード→課題に挑戦、という流れで授業を行っています。生徒のみんなは初回の授業に比べると、回数を重ねるごとに進歩をとげています。プログラムの理解が進んでいるからだと思います。

プログラミングを身につけるためには・・・まずフロー(流れ)を考えよう・・・

*フローとはロボットを動かすための設計図にあたるものです。自分でフローを考え、考えた通りにロボットが動かすことがロボット・プログラミングの醍醐味です。

4月の授業では最初のフローは教えていますが、その後のフローは生徒たちに考えさせています。今後はプログラムブロックの制御を指導したら、最初から最後まで生徒たちに考えさせる予定です。

「ドラクエ」のようなロールプレインゲームには「攻略本」があります。「攻略本」に沿って進めればうまくはいきますが、決しておもしろくはありません。自力でやるからこそ楽しいのです。

PAGE TOP