INFORMATION

小2生から小6生のためのプログラミング講座・・・レベルアップした後期授業10月開講 

10月から始まる後期授業の受講生を募集しています。

なぜロボットプログラミングなのか? 対象学年 小2生から小6生まで 

2020年からプログラミングが全国の小学校で必修化されます。文科省が導入を進めるプログラミング教育は、プログラミング技術ではなく「プログラミング的思考力」の習得を目的としています。どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力を育成することが目的です。近年、脳の研究等の著作で有名な茂木健一郎氏も「プログラミング教育」が論理的思考力を身に付ける近道だと話しています。

ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」では、制作やプログラミングを基礎から学び、1年間を通して複雑な技術が身につくように構成されております。段階を踏んで、難易度が上がって行く為、楽しんで続けることができます。また、初めての子どもでも安心して取り組む事が出来る形になっています。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。(自分の好きなことは、色々熱心に工夫をするのでますます上手になる、という意味です。)人の脳は「楽しい」と感じると「好き」、と変換され苦手意識が生まれず、好きなことは大人が強要せずとも自発的に取り組む様になります。プログラムを通じて理数好きな子に育てることができます。

ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」の特徴

・プログラムしたことを、ロボットを動かすことで検証できます。ロボットの製作を学ぶだけなく、プログラムも学べ、結果が検証できる点です。

・レッスンは2人ペアで行います。楽しく、仲間と協力してレッスンを行うのがロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」の特徴です。ロボット制作・プログラミングを通じて、チームワークも学ぶ事ができます。

・ロボットを購入する必要はありません。(多額な初期費用は必要ありません)

・ロボット制作、プログラム入力から、課題をクリアするには根気が要ります。ロボットプログラミングは「非認知能力」(中室牧子著「学力の経済学」より)が自然と養われる格好のツールです。

・ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」では、子ども達の学習の成果を発揮する場として、国際的なロボットコンテストであるWRO( World Robot Olympaid )に挑戦することができます。

ロボットプログラミングQ&A

Q自分の子どもが3時間も集中力が続くのか心配です。

A子ども達の好きなことに対する集中力の持続は素晴らしいものがあります。また、途中で小休憩を挟みますので安心して最後まで取り組むことが出来ます。

Qプログラミングってウチの子ども、パソコンできなくても大丈夫ですか?

Aパソコンを初めて触る方が大半で、初心者でも操作できるようサポートしておりますのでご安心下さい。

Q教えてくれる人はどんな人?

A正社員をはじめ、現役の大学生が指導する予定です。

Q保護者はレッスンを見学きますか?

Aはい、いつでもご見学頂けます。是非お子様が学ぶ姿をご覧下さい。

Qレッスンを休んだ場合、振替ることはできるのでしょうか?

A他の校舎での振替はできます。また、各学期に補講日を設けています。

Qレッスンを休んだ場合、次回のレッスンについていけますか?

Aロジキッズは少人数制のため習熟度を高めるサポートを重要視しています。レッスン前後のフォローも行っていますのでご安心下さい。

Q女の子はいますか?

Aはい、女の子も参加しています。女の子の発想は非常に豊かで、ロボ団主催のロボコンでも女の子チームが優勝したこともありました。

Q体験レッスンに参加したら、必ず入会しないといけませんか?

Aロジキッズは執拗な営業などは一切行っておりません。ご自宅に戻ってからごゆっくりお考え下さい。

まずは体験授業から!

ロジキッズ橋本教室 9月16日(土)・30日(土) 9:30~12:30

ロジキッズ田名教室 9月9日(土)・23日(土)  9:30~12:30

*体験を受ける前に必ず、体験の日時を決めてご連絡下さい。

【体験会費】 3000円

申し込み方法】 電話にてお申し込みいただくか、このホームページにある「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。

【問い合わせ先】橋本教室 773-7633 田名教室 764-3301 フリーダイヤル 0120-839-396

 

 

 

PAGE TOP